【日本化粧品検定対策養成講座】生徒様レポ③

濱田文恵
こんにちは!
日中美容研究家の濱田文恵です。
日本化粧品検定対策2級のレッスンに参加してくれた管理栄養士の今井菜穂子ちゃんが講座についてレポートしてくれたので、講座参加を悩まれている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

こんにちは♡

先日コスメコンシェルジュの講習3回目に行ってきました( ˊᵕˋ )♡
今回ももちろん大量のテストからスタート…
前回満点宣言しましたが、絶対無理です(´・∀・`)
お分かり頂けたでしょうか…
みんな頭を抱えています笑
決して私が不真面目なわけではないんですよ!
次回は前回のテストのおさらいだそうなので、
こ、今度こそ…!!と思っております♡
さて、今回は実践編でした!
始めに、みんなで今使っている基礎化粧品を発表しあいです。
みんな美容に気を使っていて、流石でした✧‧˚日傘情報までゲットしましたよ♡
私の以前のお肌はオイリーだったので、さっぱりした化粧水を使っていたのですが、最近カサカサして痒いのが悩みでした…。
原因の1つは花粉の可能性が高いそうですが、もう1つ
私のお肌薄いそうです。だからしっとり系にしてみても良いかもとアドバイス頂きました!
お肌って本当に変わるんですね。早速買ってみようと思います。
続いて、実際に文恵ちゃんにスキンケアの仕方をチェックして貰いました( ˊᵕˋ )♪
プロにこんなにしっかり見てもらえるなんて
なんとも贅沢ですが、すっごく緊張です!!
そこでびっくりしたのが化粧水の付け方です。
皆さんにもアウトプットしますね♪
私は基本手で付ける派なのですが、実はパッティングした方が肌の保水力は高いのだそうです!
パッティングって力が入ってしまって心配だったのですが、腕を動かすのではなく手首を動かすことで余分な力が抜けて適度な力でお肌に触れることが出来ます。
ちなみに、結構難しいです:(´◦ω◦`):
ゆっくりで大丈夫なので是非挑戦してみて下さい♪
それから、もう1つ!
注目すべきは毛穴の向きです
毛穴は真っ直ぐではなく、少し下を向いています。
だから、パッティングをする時は下から上向きにスナップを効かせてあげると毛穴からしっかり化粧水が入っておすすめです。
文恵ちゃんからおすすめしてもらった
ベストスキンケアの方法も紹介します!
①まずは、化粧水を手でたっぷりとお肌を温めながら包み込むようにゆっくり抑えて入れていきます。
②続いて、美容液で栄養をしっかり補給。
③そして、化粧水をもう1度今度はパッティングしていきます。(保水力アップ!)
④最後にクリームで蓋をしてあげます。
実際家でやってみると、びっくりするくらい
お肌がふっくり柔らかくなりました(♡´艸`)
お肌をいたわるってこういうことなんだなぁと
実感する講習でした♪
濱田文恵
管理栄養士の今井菜穂子ちゃんのブログから、引用しております。
引用先のブログ記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です