東洋医学(中医学漢方)を学ぶメリット | 中医学&漢方入門vol.2

中医学&漢方入門
濱田文恵
こんにちは!
日中美容研究家の濱田文恵です。
このコラムでは漢方や中医学といった、いわよる東洋医学を私なりの言葉で分かりやすくサクッと読めるように解説・紹介をしています。
さて、今日は東洋医学を学び、私たちの生活に取り入れるメリットをお伝えしたいと思います。
東洋医学の世界では、{元気がない=病人}を見る時には、その人の病の部分を見るのではなく、その人自体をみます。

 

そして、その人の不調な原因を見つけると、その人の生まれ持った体質まで考慮した上で、食事や生活習慣をはじめ、自然薬を使って健康になるようアプローチしていくんです。

 

生活環境やその人の体全体で不調をみるので、東洋医学を学んだり、また日々の生活に取り入れることで、
・心と体を一緒に整えることができる
・自然薬を用いるので、体に優しい
・生活のリズムが整う
・健康になりたいと行動できるようになる
上記のようなメリットを日々の生活の中で体感できるようになります。
これは、まさに東洋医学の根本である自然治癒力を高め『未病の段階』から、体と心をケアすることができるというわけです。
※東洋では、肩こりやニキビ、便秘、不眠、冷えは、病気ではないものの、体から出ているSOSサインと捉え、『未病』としています。
中医学&漢方入門

中医学&漢方入門

いかがでしたか?

心が健康になることで、美味しいものを食べた時に美味しさを味わうことができ、

大切な人とたわいもない話に華を咲かせることができ、お腹をかかえて心の底から笑うことができます。

是非ともあなたの生活にも、東洋医学の知恵を取り入れ、心と体の健康を養生していきましょう。

このコラムでも東洋医学についてアレコレ噛み砕いてご紹介していきますので、
コラムの連載とともに日々の生活に取り入れてみてくださいね。
それでは、また次回お会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です